身近なカードローン

カードローン利用者にとって、その存在はとても身近なものになりました。申込みが簡略化しているだけでなく、取り扱い先も様々になりました。消費者金融での利用者も多いですが、地元や大手の銀行でも、カードローンの取り扱いに力を入れてきています。

 

契約後の利用についても、カードローン会社だけでなく、提携ATMが増えました。コンビニでATMが設置されたので、全国のコンビニで、夜間や早朝でも借入れや返済が可能になりました。今はコンビニで借入れや返済ができる時代です。

 

身近になればなるほど、利用もしやすくなりますが、だからこそ気を付けたい注意点もあります。カードローンのカードで引き出したお金は借金であり、無限でもありません。カードローンの利用において特に注意したい点は3つあります。

 

 

借り過ぎない

カードローンは何度でも繰り返し借入れが可能です。だからこそ、一度契約すると重宝します。生活費が足りなくなった、急な出費に対応したい、そのような時に、コンビニなどでサッと借入れができるからです。しかし、例えば欲しいものがある度に借入れで対応していては、いくらあってもお金が足りません。便利に利用できるからこそ、いざという時の備えとしておきたいものです。

 

カードローンには限度額があり、その限度額を超えての借入れはできません。借り過ぎてはいけない理由はここにもあります。常に限度額に余裕を持たせておかないと、本当に困った時に助けになりません。

 

また、カードローン借入後は毎月返済を行います。借入残高によって、毎月の返済額が急に増える場合があります。借入する時には、毎月の返済額がいくらになるのかも注意してみる必要があります。

 

これらの理由から、借り過ぎないというのが様々なデメリットを回避している結果になるのがわかります。

 

限度額の増額に注意

増額とは、借入限度額の話です。カードローン契約時に借入れ限度額が決まります。その金額の範囲内であれば、何度でも繰り返し借入れできるのがカードローンです。通常借入れや返済を繰り返していると、カードローン会社から増額しないかと話を持ち込まれるケースがあります。

 

限度額が増額されれば、借入れできる金額が増えます。特に、すでに限度額まで借入れしている人がいれば、追加での借入れが可能になります。増額されたからといって、必ず借りなければいけないわけではありません。いざという時の備えを万全にするために、増額を申込むのもありです。

 

しかし、1つ目の注意事項でも述べた通り、借り過ぎにこそ注意しなければなりません。増額すれば自由に使えるお金は増えますが、言い方を変えれば借金が増えるのです。借入れの金額が増えれば完済までの期間が延びますし、毎月の返済額が増えるきっかけにもなります。

 

増額は魅力的かもしれませんが、できるのであれば与えられた限度額の範囲内の利用に抑えたいものです。

 

ただ、限度額が上がれば金利が下がるカードローンもあります。銀行のカードローンに多い利用条件となり、限度額ごとに金利が決められているオリックス銀行の利用金利では、大きな枠での契約となった方が金利面では得となります。

 

それでも借りすぎれば結局は金利負担が大きくなるので、借りすぎない適度な利用ができる方で今よりも増額によって金利の低下が期待できるんのであれば、限度額の増額を考えてみるのも悪くはないでしょう。

 

返済期日から延滞しない

カードローンでの借り過ぎや、安易に増額しなければ大丈夫だと思いますが、返済遅れはしてはいけません。返済を遅らせてしまうと、信用を失います。カードローンにおいての信用とは、精神的なものよりもちょっと具体的なものです。

 

私達がいつカードローンの契約を結んで、いくら借りて、どの位返済しているのか、追加融資や返済遅れがあったかどうかまで、全て信用情報として記録されています。返済遅れで信用を失うというのは、しっかりとした記録として残ります。

 

そして信用情報は、その期間に加盟している他社のカードローン会社や銀行、クレジット会社なども参照します。カードローンの信用情報が原因で、マイカーローンやクレジット契約などの審査にも影響が出ます。

 

カードローンを利用するならば返済遅れには注意しましょう。そのためにも計画的に利用し、借り過ぎない精神が大切です。

 

借りすぎないように適度にカードローンの利用をするなら、一般的に金利が高いとされている消費者金融からの借り入れも便利なサービスとなります。早い審査や融資ですぐに借りられるアコムでの借り入れにおいても、返せる範囲で借りる分には優れたカードローンサービスとなってくれるのです。