金利が低ければいいのか

カードローンを利用する時に注意したいのは金利です。金利が高い程、かかる利息も大きくなります。カードローンでは、最高金利と最低金利があります。誰だって、金利は低い方がうれしいので、最低金利で借りられればいいなと期待します。

 

しかし、残念ながら、適用される可能性が高いのは最高金利の方です。金利は限度額が大きい程下がる傾向にあるので、初期の段階では金利も高い状態です。金利を下げたければ、信用を増やして、限度額を挙げていくのが基本です。

 

カードローン契約時は最高金利が適用されるので、払う利息も大きくて損をすると感じるかもしれません。しかし、借入金額が少なければ、金利が高くても利息はそれ程増えません。例えば10万円の借入れで金利18.0%の場合、1カ月にかかる利息は1,500円程度です。

 

これが100万円の借入れで金利12.0%の場合、1カ月にかかる利息は1万円程度です。こうなると、2万円返済しても、その半分は利息に消えてしまう計算になります。

 

金利が低い方が有利なのは間違いありません。しかし、実際にカードローンを利用する人が気にすべきは、金利よりも借入残高だと思います。いくら金利が低いとはいっても、借入残高が増えれば利息は増えてしまいます。借入残高さえ少なければ、金利が高くても、それ程利息はかかりません。

 

消費者金融は金利が高いとされますが、借りる金額を少なくすれば実際に支払う利息は抑えられます。また、消費者金融は金利が高くても毎月の返済金額が少なく済むことや、急ぎで借りたいときでも最短即日融資での利用も可能となるなど、良い点が多いのも事実です。

 

特に大手プロミスでのカードローンならプロミス福岡市の最短即日融資を見ても分かるように土日でも当日中の利用も可能となるため、急な出費時には頼れます。